The38th big machine club

2007年12月30日

38th Crazy marmalade でっかいもん倶楽部 in 那須サーキット 〜マルとK君〜

 

前の晩から泊まりに来てるK君と、朝7:00に家を出る。

うん、俺が30分寝坊したからだ。

柏インターから常磐→外環→東北道とロリついで、何のついでだ。乗り継いで、途中、蓮田で朝飯を食いつつ、ひたすら北を目指す。

走ってるさなか、俺は走りながらヘルメットの中で歓声を上げた。

空が、蒼く晴れてきたのだ。

コレなら、サーキットに着くころにはドライだぜ。

 

那須までの遠い道のりを、俺とK君は200スピード(1/2時速)前後で駆け抜ける。

寝坊した分、キッチリ30分遅れの9:00ごろ、那須モータースポーツランドへ到着。

が、マルゾーのヤツがいない

K君は9:00から座学なので、そのまま教室へ。

 

俺はハヤブサにテーピングをして、車検へ持ってゆく。

ものすげぇ肩を落として、とぼとぼと。

なぜなら、那須の路面はバッチリ濡れていたのだ。

なんだよ、ヤフー天気。カケラも晴れてねぇじゃん。路面コンディション、ドウエットじゃん。

 

これでカンカン照りだったりするなら、待てば路面が乾くと言う期待ももてる。

だが、見上げた空は絶好調に曇天

明らかに『もう一発、カマすぜ』的なやる気に満ちた、雨 ふり寸前の黒い雲。

とりあえず、マルが来てないので第三クールから走ることにして、ジュースを飲みながらのんびり。

 

 

すると、バランバランという排気音とともに、マルゾーがRZRでやってきた。

ウエットコンディションを見越して、小排気量車でやってきやがったのだ。

相変わらず、卑怯な男である。

このオトコにとって、俺のへこむ顔が何よりのご馳走なので、俺をへこますためには何でもするのだ。

 

もちろん、俺もコイツをへこませるためなら、たいていのことはやる。

無事車検も終わり、K君を待ちながらマルとくっちゃべる。

時々青空が顔を出し、一瞬、俺に期待をさせるも、すぐに曇り出す。

そのうち、あろうことかぽつぽつ降ってきやがった。

マルとふたり、天を仰いで怒声を浴びせる。

 

やがて座学の終わったK君がやってきた。

マルはK君の顔を見るなり『K君のせいだ』とキチガイ沙汰の難癖をつけている。

おとなしいK君は、ただ苦笑い。

ゼッケンをつけたK君が実技走行を終えると、ようやく俺たちの出番だ。

雨は小降りになってきているし、東の空は明るい。軽く期待をしながら、久々の那須を走り出す。

ストレートは多少開けるも、コーナーリングは必要以上に丁寧に。

それでも貸し切り状態のサーキットでは速度が上がってゆく。

 

最終コーナーでケツを振り、ゼブラに乗り上げてもうひとすべり。

どうもやたらとバンクスピードが速いし、前後のタイアがずるずると落ち着かない。

雨の日の難しさを実感しながら、徐々に速度を上げてゆく。

 

と。

二、三周目だろうか。

最長ストレートからテクニカルに曲がる、イチバンの難関セクション2コーナ。

そこでエスケープゾーンに突っ込んでるバカがいる。

もちろん、栃木の生んだキチガイ単車乗り、マルだ。

どうやら怪我もないようで、単車のそばにボケっと立っている。

なので、安心して、そのままコースを攻めることに没頭。

 

周回を重ねていくうちに、前にK君の姿が見えた。

「おっと、ココで突っついてやろうなんて焦ったら、マルゾーの二の舞だぞ」

と気を引き締めて、K君を無視して淡々と走る。

 

相変わらずリーンの瞬間に違和感があり、タイアのすべりが止まらない。

が、それなりに操れてるようで、タイムもちょっとづつ上がっていく。

もっとも、雨の中なのでSDRのべストよりもはるかに遅いのだが。

 

それでもサーキットの路面はグリップが良いから、雨なりに寝かせられるし面白い。

怖いのと半々くらいだが、その分、いつも以上にすべての動作を慎重にやる。

コレがよかった。

余計な力を抜いて、とにかく操作をデリケートに走ると、ハヤブサはすすすっと静かに曲がってくれる。

雨の中で結構なバンクをしながら走るのは、初めての経験だ。

これがまた、新鮮で楽しい。

 

やがてK君にも追いつき、最終の立ち上がりで抜かす。

その後も淡々と周回を重ね、20分の走行枠を走りきる。

夏よりも腕の疲れがなく、その分足に来てることに気を良くしつつ。

戻ると、マルゾーはすでにツナギを着替えて、RZRをいじっていた。

 

からかいながら近寄ってゆくと。

結構、イイカンジでぶっ壊れてる。

ライトは割れ、ウインカーはすっ飛び、チャンバーもへこんでいる。

が、それはまぁ、走行に支障がないので放っておくとして、問題なのはマスターシリンダーだ。

 

上の写真だとわかりづらいけど、リザーバタンクのホースに大穴が開いている。

ホースを取り付ける根元のプラスティックも折れてる。

どうやら、自走で帰るのはムリっぽい。

 

「マルゾー、これじゃ自走できねーんじゃねーか?」

「あぁ、ちっとアレだな。ココに置いといて良いかどうか、聞いてくる」

 

で、スタッフに聞いてみると、休みに入るのでダメだそうだ。

近くのレッドバロン黒磯店から引き上げにくるという話を聞くと、マルのバカは即座に断っている。

断ってどうするんだよ。リザーバタンクなしで帰る気か? お前は本当に馬鹿だなぁ。

 

「乗って帰る。リアで帰れば良いべ。緊急で、フロントも少しは使えるし」

「や、ぜってー事故るから。それもまぁ、ある意味オイシイっちゃオイシイけど」

 

そんでも、どうにかリザーブホースを加工して液漏れだけは防ぐと、マルのバカは本当にRZRに乗って、そろそろと走り始めた。そこまでやる気満々なら、俺らに止めるすべはない。俺とK君は笑いながらマルに別れを告げると、結局、一本しか走れなかった雨のサーキットを後にした。

ま、ツーリングと思っちゃえば良いやってんで、K君とふたり、東北道をひた走る。

 

いつの間にか大分速度レンジの上がってきたK君は、一緒に走ってて疲れないのが良い。

すり抜けでちょっと遅れても、しばらくすれば追いついてくるから、気にしないでソロのときみたいに走れる。これでマルやpoitaさん、moto君みたいにぶっ飛ばすってーと、俺も一緒になってぶっ飛ばしちゃうんだが、K君はそこまで飛ばさないので、俺のペースで走れるのだ。

彼が疲れるかどうかは定かでないが、俺が疲れないのが何より肝要だからね。

 

とちゅう晴れてきた空見ないようにしながら

120スピード(1/2時速)前後で走ったり、200オーバーでぶっ飛ばしたり、わりと好き勝手に走ってるうちに、いつの間にか柏までたどり着いてしまう。K君はこのまま帰るのかなぁと思っていたら、彼もやっぱり消化不良だったようだ。

俺の家にもう一泊して、明日ツーリングに行こうということで話は決まった。

 

夜はそのままK君と宴会に突入する。

もっともK君は呑まないので、呑んだくれてるのは俺だけなんだが。

ふたりしてバイクのビデオを見ながら、オフロードやりたいだの、明日はツーリングじゃなくて峠を攻めに行こうだの、バカ話をして楽しい時間を過ごす。

 

マルからも連絡があって、無事に帰りついたということだ。

今日はカメラと携帯を忘れてたので、上の写真を俺のPCに送ってもらいながら、マルともバカ話をする。

んで、そのあともひたすら単車の乗り方の話。

K君、ものすげぇやる気満々で、俺も楽しくて仕方ない。

明日は、筑波を攻めようぜと話が決まり、俺たちはそれぞれ、寝床に着いた。

 

てなわけで、第38回crazy marmalade でっかいもん倶楽部は、ちょっと消化不良ではありつつも、雨の中でのスポーツ走行という貴重な体験と、K君とのハイスピードツーリング、そしてなによりマルゾーの転倒というすばらしい贈り物に恵まれつつ、その幕を閉じたのだった。

来年アタマ、またサーキット行ってみるかね。

今度は晴れそうな日に。

 

index

inserted by FC2 system